ニューヨークで過ごした1970年代

『ジョン・レノン、ニューヨーク』ニューヨーク時代のジョンに焦点を絞った作品

実はすごいお嬢さまオノ・ヨーコ

ビートルズ時代より前から、美術学校へいたときから東洋文化に興味を持っていたジョン・レノンが、東洋人で禅にも詳しくまた前衛芸術家のオノ・ヨーコに惹かれていったのも十分に納得できますが、オノ・ヨーコは多彩な人だと思うところがあります。なんでも『Because』ビコーズは、オノ・ヨーコがピアノでベートーヴェンの月光ソナタを弾いていたときに、ジョンがふざけて譜面を上下逆さまにしたらヨーコも逆さまの譜面をそのまま弾いていたら、その上下逆さまのメロディが予想外に面白くなってそれにインスパイヤーされてジョンが書いた曲です。もちろんビートルズ時代なのでクレジットはレノン=マッカートニーです。

オノ・ヨーコ

オノ・ヨーコはアート系の芸術家ということは、もちろん知っていますがジョンとの共作のものでも、アートが前面に出ている印象が強いのですが実はダンス・クラブミュージックの分野では、チャート1位に8曲も送りこんでいるミュージシャンでもあります。【ジョン・レノン、ニューヨーク】でも全面的にオノ・ヨーコ協力のもとにジョン・レノンの実像をドキュメンタリーで追っているので、ジョンの一番近くにいたヨーコだからこそジョン実像が鮮明に浮き上がってきます。


ヨーコ・オノ・レノン

芸術アートをするのにはお金がかかります。もちろん全部が全部かかるとはいいませんが美大にしろ、アートを学びに留学したなんて人もたくさんいます。オノ・ヨーコは昭和28年(1953年)に、学習院大学からアメリカの大学へ入学しています。昭和28年という時代背景を考えると、為替相場が今のような変動相場制ではない時代です。1ドルが360円の時代にアメリカの大学へ入学しているというのは、彼女の生まれ育った環境がまさにセレブビリティだからこそ実現したことになります。

生い立ち

昭和8年(1933年)2月18日に、現在の東京都当時は東京府で銀行家の小野英輔と磯子夫妻の長女として誕生しました。父方の祖父に、元日本興業銀行総裁の小野英二郎。母方の祖父に安田財閥を指導したいろいろな企業で重役を務めた安田善三郎。おじいちゃんの2人それぞれがかなりの財界の大物です。そして安田財閥の創始者に医学者、元国連大使、画家もいれば歌舞伎役者の十三代片岡仁左衛門もいたりと、まぎれもなくセレブなんだなぁ~と実感します。

学歴

幼稚園は自由学園幼児生活団、そして貴族院のおじいさまがいるだけにお約束で学習院の初等科へと進みます。そして父親がニューヨークへ転勤したこともあってニューヨークに転居。そして帰国してからは啓明学園初等学校に編入しています。この編入した先の啓明学園初等学校も、帰国子女のために昭和15年(1940年)に設立された学校ですが、今でこそ海外赴任など特別に珍しくもない時代になりましたがこの時代に帰国子女というのは、ある意味セレブ中のセレブでもある証しのような気もします。

中学校からは、学習院女子中・高等科を経てて、大学はそのまま学習大学の哲学科へ昭和27年(1952年)に学習院大学哲学科に入学していますが、翌年の昭和28年(1953年)に家族と一緒に父親の赴任先のニューヨーク郊外のスカースデールに移り住んで、サラ・ローレンス大学に入学しています。サラ・ローレンス大学では音楽と詩を学びますが、サラ・ローレンス大学はオノ・ヨーコが入学した当時はまだ女子大学で、この大学は舞台美術、人文科学や執筆の分野でもとても有名な大学です。サラ・ローレンス大学に在学中の昭和31年(1956年)に、天才少年と言われたジュリアード音楽院に留学中の作曲家でピアニストの一柳慧(ひとやなぎとし)と出会っています。そしてオノ・ヨーコはサラ・ローレンス大学を退学して一柳慧と結婚して前衛芸術の活動を開始する。結局、一柳慧とは昭和37年(1962年)に離婚しています。

音楽活動

実はジョン・レノンと出会う前、一柳慧と結婚中の時期だと思われますが、ヨーコは前衛芸術全体に大きな影響を与えた大御所ともいえるジョン・ケージや、ジャズサックス奏者で1960年代のフリージャズ時代を牽引したオーネット・コールマンといった、ニューヨークで大活躍中の芸術家とミュージシャンとコラボレーションをしてます。

1961年にカーネギー・リサイタル・ホールで、オノ・ヨーコとして自身初となる大きな公演を行っています。実験的な音楽そしてパフォーマンス。ジョンと出会う前から前衛芸術と実験音楽という独自の活動を続けながら、昭和40年(1965年)には初めて大きな公演を行ったカーネギー・リサイタル・ホールで「カット・ピース」という観客が、ヨーコが着ている衣装をハサミで切り取るというパフォーマンスを行っています。


イマジン・ピース・タワー

ウェッジではトランシーバー、インカム、無線機をはじめとする無線関連機器を専門に、販売・レンタルをしています。修理も大半は社内で実施しておりますので素早く対応します。ぜひご利用ください。

↑ページの上部へ

ジョンとヨーコ